大学について
>>はじめに
>>大学の授業
>>大学の雰囲気
>>キャンパス
>>語学学校ALCP
>>コンピューター
>>大学の寮など
>>大学へのアクセス
>>Boiseキャンパス
各種手続き
>>入学手続き
>>授業の登録
>>部屋探し
大学生活について
>>新入生便利リンク
>>UIのウラ技?
>>大学の街Moscow
>>おすすめの店
>>ショッピング
>>お隣の街Pullman
>>近郊の大都市
>>おすすめ小旅行
>>一時帰国について
>>日本食について

 

語学学校ALCP

アイダホ大学には ALCP (American Language Culture Program) と呼ばれる、大学付属の語学学校があります。ここではアイダホ大学でアメリカ人学生と一緒に英語で授業を受けることができるよう、英語のトレーニングが行われています。アイダホ大学に留学したいのだけれど、英語力をもう少し上げたいな〜といった人たちを対象にしたプログラムです。

■レベル別のクラス
ALCP に入学すると、はじめに英語のテストが行われ、その結果によってレベル別のクラスに振り分けられます。僕が ALCP で学んでいたのは 1999 年ですが、その時は 6 レベルあって、僕はレベル 3 から始めました。各レベルは約二ヶ月間授業が行われ、一定の成績をおさめることができれば次のレベルに上がることができます。成績の結果によっては、同じレベルをもう一度やらなければならないことがあったりします。僕にとってはこのシステムのおかげでかなり緊張感を持って勉強していた記憶があります。まさにサバイバル…といった感じでしょうか。

■一応、TOEFLが免除に
大学付属ということなので、この ALCP を卒業すると、アイダホ大学に出願の際に必要な TOEFL が免除されます(普通に申し込みをすると TOEFL525 点が要求されます)。僕と一緒にこの ALCP で学んでいた友達も、プログラム終了後、TOEFL無しでアイダホ大学からの入学許可が出て、正規の学生になりました。ただ、学部によっては ALCP を卒業したとしても、 TOEFL を要求してくるところもあるようなので、決して 100% アイダホ大学に入学できるわけではないようです(日本の学校での成績なども考慮されます)。 ALCP に入学する前に確認した方がよいでしょう。

■TOEFLの点数向上について
基本的には ALCP さえ修了すればアイダホ大学に入学に必要な TOEFL は免除になるため、授業の内容は TOEFL の点数向上にはあまりフォーカスされていないように思います。TOEFLの点数向上が主な目的の方には物足りない内容かもしれません。どちらかというと、実際に大学の授業を受講するために必要になるスキル、ライティング力、リーディング力、リスニング力などを伸ばせるようにデザインされているように思います。

■充実のワークショップ
英語の勉強以外にも、週末などにはアメリカ文化を理解することを目的に、様々なワークショップ(課外活動)が企画されます。僕はスキーや野球観戦、シアトル旅行などに参加しました。様々な国から来た留学生と一緒に過ごした時間は、非常にただ貴重な経験になりました。