大学について
>>はじめに
>>大学の授業
>>大学の雰囲気
>>キャンパス
>>語学学校ALCP
>>コンピューター
>>大学の寮など
>>大学へのアクセス
>>Boiseキャンパス
各種手続き
>>入学手続き
>>授業の登録
>>部屋探し
大学生活について
>>新入生便利リンク
>>UIのウラ技?
>>大学の街Moscow
>>おすすめの店
>>ショッピング
>>お隣の街Pullman
>>近郊の大都市
>>おすすめ小旅行
>>一時帰国について
>>日本食について

 

入学手続き

アイダホ大学の入学手続き(Undergraduate)については、実はあまり覚えていません(苦笑)。思い出せる範囲のことを少し書こうと思いますが、あまりあてにしないでください…。入学手続きは申し込みをする学部によっても多少違いがあると思いますので、それぞれの学部の担当者、またはアドミッションオフィス(Admission Office)に直接問い合わせる事をおすすめします。留学生のケアをしてくれるIPOも親切に対応してくれます。

■用意した書類
入学にあたって僕が用意したのは、願書(Application Form)、申し込み金、日本の大学の成績証明書(卒業証明書も含む)と日本の銀行の残高証明書の二つだったと思います。 ALCP を卒業したため、 TOEFL は免除されました。

■Application Formに記入
大学から留学生(International Students)用の指定のフォームを手に入れ、それに必要事項を記入しました。記入を終えた後、自分の英語におかしいところがないかアメリカの友達にチェックしてもらい、申し込み金と一緒に提出しました。

■成績証明書
僕は日本で四年制の大学を卒業していたので、その大学の学生課に問い合わせ、成績証明書をアイダホ大学に直接郵送してもらうよう頼みました。高校を卒業して留学される方は、高校の成績証明書が必要でしょう。この時、アイダホ大学は日本の学校から直接送られてきた書類以外は受け付けてくれないようなので注意が必要です。僕がアイダホ大学のオフィスに行き、「これが私の成績証明書です」と言って手渡ししても受け付けてくれませんでした。

■残高証明書
残高証明書は、大学に学費を支払い続けることができることを証明するために必要でした。僕は入学手続きをしている際にアメリカにいたので、日本にいる母に頼み、銀行で書類を作成してもらい僕の住む寮に送ってもらいました。この書類に関しては手渡し OK でした。

■TOEFLについて
前述しましたが、僕はALCPを卒業していたため、TOEFLは免除されました。その代わり、ALCPを卒業したことを証明する推薦状のようなものをALCPからいただき、提出しました。ちなみに、僕はALCPを卒業した時点でTOEFLを受験し、一応大学の要求する基準点には達していました。

なにはともあれ、大学の公式サイトをよく読まれることをお勧めします。申し込み方法や締め切り日などは毎年変更があったりするので注意が必要だと思います。

▼大学の申し込みについての情報
Undergraduate Admission

▼大学院の申し込みについての情報
Graduate Admission

▼大学院生タスミさんのページ。役立つ留学情報満載
アイダホポテト