基本情報
>>アイダホポテト?
>>地理、面積、人口
>>州の旗、シンボル
>>アイダホの気候
>>各都市の天気
>>アイダホ州の特徴
>>主要産業
>>イベント情報
生活情報
>>アイダホでの電話
>>アイダホでの飲酒
>>アイダホでの郵便
>>お金について
>>クレジットカード
>>ATMsについて
>>時差について
>>電圧について
>>服装について
>>単位について
>>アイダホでの運転
>>免許証の取得
>>レンタカーを借りる
レクリエーション
>>スキー場
>>Hot Spring(温泉)
>>フィッシング
>>急流下り
>>州立公園
その他
>>アイダホの映画
>>アイダホの有名人
>>ガイドブック

 

お金について

アメリカのお金は日本と同様に非常にわかりやすく、シンプルです。

■紙幣
まず最も使用頻度の高いお札が、1ドル札、5ドル札、10ドル札、20ドル札だと思います。 2ドル札、50ドル札、100ドル札もありますが、あまり買い物などでは使われてないようです。

■1セント
Penny(ペニー)と言われるコインです。茶色で小さいコインがそれです。現金で買い物を続けていると、いつのまにか財布がペニーでいっぱいになり、重たくなるなんてことがよくあります。

■5セント

Nickel(ニッケル)と言われるコインです。銀色で大きさは10セントよりも大きく、25セントよりも小さいです。

■10セント

Dime(ダイム)と言われるコインです。銀色で一番小さいサイズのコインです。有料のコピー機などを使用する時などによく使います。

■25セント

Quarter(クオーター)と言われるコインです。銀色で5セントよりも大きいです。コインの周りにギザギザがついています。このコインは一番使用頻度が高いような気がします。公衆電話をかける時、コインランドリーで洗濯するとき、パーキングメーターのある場所に車を止めるときなどなど。僕は洗濯のときコインランドリーを利用していたため、25セントが頻繁に必要になりました。そのため、25セントを手に入れると、家の貯金箱に入れて集めていました。

■50セント、1ドルコイン

両方とも買い物などではあまり使われていないようです。50セントはHalf Dollar(ハーフダラー)と呼ばれています。