基本情報
>>アイダホポテト?
>>地理、面積、人口
>>州の旗、シンボル
>>アイダホの気候
>>各都市の天気
>>アイダホ州の特徴
>>主要産業
>>イベント情報
生活情報
>>アイダホでの電話
>>アイダホでの飲酒
>>アイダホでの郵便
>>お金について
>>クレジットカード
>>ATMsについて
>>時差について
>>電圧について
>>服装について
>>単位について
>>アイダホでの運転
>>免許証の取得
>>レンタカーを借りる
レクリエーション
>>スキー場
>>Hot Spring(温泉)
>>フィッシング
>>急流下り
>>州立公園
その他
>>アイダホの映画
>>アイダホの有名人
>>ガイドブック

 

運転免許証の取得

アイダホで車を運転するためには、免許証がかならず必要です。もしアイダホで免許証を取る場合は、筆記試験をパスして、実技試験を行わなければなりません。

※免許証の申請に必要な書類など、詳しくはYour Idaho FriendのGenさんの体験談がお勧めです。

■試験勉強
僕の場合は、試験の前に、Idaho Driver's manualを使ってアイダホの交通ルールなどについて勉強しました。このマニュアルはコチラからもダウンロードできますし、最寄りのDMV(Department of Motor Veicle)で無料で手に入ります。一冊読むのに僕は一週間くらいかけました。このマニュアルを理解していれば、筆記試験は大丈夫だと思います。

■筆記試験について
最寄りのDMVに行き、筆記試験を申し込みます。筆記試験は英語で行われます。僕が受験した時は、英和辞典を使う事ができました(一応、スタッフの方に問い合わせてみてください)。試験では40問の質問が出され34問以上の正解で合格になります。制限時間は確か同じ日に終われば無制限だったような…(これも確認してみてくださいね…)。とはいえ量的には30分程度で終わる内容です。たとえこれに落ちても数日後にまた再試験を受けれますのでご安心を。

■ 仮免許について
筆記試験をパスすると、日本で言う仮免許のようなものをもらうことができます。仮免許があれば、免許証を持っている人が同乗していることを条件に、車を運転することができるようになります。そして、免許証を持っている人に付いてもらって、運転の練習をし、実技試験に備えます(日本で免許証を取得したことがある人、無い人でこの練習期間はかなり違ってきます)。

■実技試験について
実技試験を受ける為には、試験官の方にコンタクトを取り、試験日の予約をする必要があります。試験官のリストは仮免許を取得する際にもらえますので、そのうちの一人を選んで自分で電話をかけます。当日は試験官が助手席に乗って、運転技術のチェックをします。走るのは公道です。この試験に合格して、DMVで手続きをすませれば、晴れて運転免許証が交付されます!

▼Genさんの体験談が詳しくてお勧めです。
>>自動車免許について

▼同じくGenさんの実技試験レポート
>>実技試験レポート

▼アイダホで運転するためのマニュアル
>>Idaho Driver's manual

▼アイダホ州での運転に関する情報
>>DMV(Department of Motor Veicle)