基本情報
>>アイダホポテト?
>>地理、面積、人口
>>州の旗、シンボル
>>アイダホの気候
>>各都市の天気
>>アイダホ州の特徴
>>主要産業
>>イベント情報
生活情報
>>アイダホでの電話
>>アイダホでの飲酒
>>アイダホでの郵便
>>お金について
>>クレジットカード
>>ATMsについて
>>時差について
>>電圧について
>>服装について
>>単位について
>>アイダホでの運転
>>免許証の取得
>>レンタカーを借りる
レクリエーション
>>スキー場
>>Hot Spring(温泉)
>>フィッシング
>>急流下り
>>州立公園
その他
>>アイダホの映画
>>アイダホの有名人
>>ガイドブック

 

クレジットカード

日本からアメリカに来る際、お金をどうやって持って行くかは気になるところです。トラベラーズチェックという手もありますが、僕は一度も使った事がありません。僕はアメリカに来た当初は日本から持ってきたVISAのマークがついているクレジットカードを主に使いました。

■アメリカはカード社会
アメリカでは多くのお店でクレジットカードを使う事ができます。例えば僕の場合現金はあまり持ち歩かず、ほとんどの場合カードで買い物を済ませます。また、カードだと紛失したり盗難にあった場合でもカード会社に連絡することで使用停止にしてもらい被害を最小限にすることもできます。他にも、何にいくら使ったかの明細が出るので、お金の管理も楽になります。

■限度額について

クレジットカードには一ヶ月に使える限度額が定められている場合があります。これは一定の額を超えるとその月はそれ以上カードを使えなくなるというものです。基本的にはカードの使い過ぎを防ぐことなどが大きな目的です。

しかし、 授業料や家賃、車の購入など多額の金額を一括で払いたい場合、この限度額がネックになることがあります。僕は一度クレジットカードで大学の授業料を払おうとしたところ、限度額があったため支払いができず困った経験があります。そのようなことを避けるため、クレジットカード会社に問い合わせて、手持ちのカードに限度額はあるのかどうか、確認した方がよいかもしれません。

■紛失したり盗難にあった場合
万が一の時に備えて、事前に緊急の連絡先などをクレジットカードの会社に問い合わせて確認しておいた方がよいと思います。カードを無くしたり、盗難にあってしまった場合、すぐにカード会社に連絡できるよう、連絡先はきちっと保管しておきましょう。以下は、VisaとMasterCardの緊急の連絡先です。

▼Visaのアメリカでの緊急連絡先
800-336-8472

▼MasterCardのアメリカでの緊急連絡先
800-307-7309