基本情報
>>アイダホポテト?
>>地理、面積、人口
>>州の旗、シンボル
>>アイダホの気候
>>各都市の天気
>>アイダホ州の特徴
>>主要産業
>>イベント情報
生活情報
>>アイダホでの電話
>>アイダホでの飲酒
>>アイダホでの郵便
>>お金について
>>クレジットカード
>>ATMsについて
>>時差について
>>電圧について
>>服装について
>>単位について
>>アイダホでの運転
>>免許証の取得
>>レンタカーを借りる
レクリエーション
>>スキー場
>>Hot Spring(温泉)
>>フィッシング
>>急流下り
>>州立公園
その他
>>アイダホの映画
>>アイダホの有名人
>>ガイドブック

 

服装について

アイダホと日本の気候で大きく違うのは、日中と夜の温度差が激しいということです。夏でも日中は半袖、半ズボンでも、夜中は長袖を羽織らなければ肌寒いということもあります。しかし、それ以外については基本的に日本にいる時と同じ服装で大丈夫だと思います。

■夏
日中気温は30度近くになるため、半袖、半ズボンの人が多いようです。しかし湿気が少なく乾燥しているため、汗はほとんどかきません。カラっとしていて非常に過ごしやすいです。ただ日差しが強いのでサングラスや日焼け止めなどがあった方が良いと思います。また、夜になると温度が下がるので、上着を羽織ったり、トレーナーを着たりする人もいます。

■冬
トレーナーやセーターなどの上に厚手のジャケットを着ている人が多いです。外を長時間歩く場合は手袋、ニット帽などをかぶった方が良いかもしれません。夜になると路面が凍結する場合もあるので、すべりにくい靴を履くとよいと思います。温度は氷点下になる日が多いですが、湿気が少なく乾燥しているため、そんなに体感温度は寒く感じません。基本的に日本の真冬の格好で大丈夫だと思います。

■春と秋
T-シャツの上に上着を羽織ったり、トレーナーなどを着て歩いている人が多いです。基本的に日本の春、秋と同じ格好で大丈夫だと思います。ただし日によって夏のように暑い日があったり、冬のように寒い日があったりと、日によって服装を変えなければいけません。